国産材を活用し日本の森林を守る運動推進協議会

国産材を活用し日本の森林を守る運動とは

 戦後造成された森林資源は正に利用期を迎えていますが、木材価格の低迷・国産製材品に対する需要の減少等による林業収支の悪化とともに、森林所有者の経営意欲が低下し、「伐って、使って、植えて、育てる」という循環利用の維持が難しい状況になっています。

 「伐って、使って、植えて、育てる」サイクル再構築には、根強く残る「日本の森林を守るために伐採・木材利用を控える」という、これまでの考え方を大きく転換し、日本の森林を守るためには、使えるところには積極的に「国産の木材」を使っていくという考えを広めていくことが必要となっています。

 これまで日本の森林に直接かかわり、その実態を最も強く肌で感じてきた我々山側の団体が、「国産材を活用し日本の森林を守る運動推進協議会」(以下、「協議会」という。)を結成し、力を合わせて、広く企業、消費者の皆さんに「伐って、使って、植えて、育てる」サイクルの再構築のための具体的な行動への参加を呼び掛けることとしたところです。

お知らせ

一覧を見る

ページの先頭へ戻る